キャリアウーマン

ERPによって実現する企業フローの一元管理

休憩中の女性

業務の一連の流れのことを「フロー」と呼びます。企業経営は全てフローによって表すことができますが、現実の企業経営をフローにするのは簡単ではありません。企業規模が大きくなるほど業務は複雑化し、ひとつの流れとして管理するのが困難になります。フローの把握が難しくなれば、企業の隅々まで目を行き届かせることが難しくなり、あちこちでムダやロスが発生してしまいます。
企業内データの全てを統括するERPを導入することにより、困難だったフローの一元管理が導入効果として実現します。これまでの企業管理でフローを明確にするためには、部署別のデータベースを統合する必要がありましたが、ERPを導入すれば業務データは全て一元管理されるので、データベースをそのままフローとして活用することができます。面倒な集計作業をすることなくフローを管理できるので、企業の現状把握が用意になります。
データの整合性に関しては、全てのデータが一括処理されているのでズレが生じることはありません。ミスへの対応が不要になり、より正確なフローを利用した企業管理が実践できます。
ERPによってもたらされるフローを活用するときに注意が必要なのが、ERPへのアクセス権です。データが一元的に管理されているので、不正にデータを書き換えられてフローの正確性が損なわれることのないように、それぞれのアクセス権設定には細心の注意が求められます。

UPDATE CONTENTS

RECENT POSTS

2019年08月20日
ERPによって実現する経営のリアルタイム化を更新しました。
2019年08月20日
ERPによる情報管理で各セクションをコントロールするを更新しました。
2019年08月20日
ERPによって実現する企業フローの一元管理を更新しました。
2019年08月20日
ERPによってもたらされる業務の省力化を更新しました。