キャリアウーマン

ERPによってもたらされる業務の省力化

うなだれる女性

ERPを導入することで期待される導入効果のひとつが、業務の省力化です。
企業の経営効率改善において、業務の省力化は優先課題のひとつです。ある仕事をこなすのにより必要な作業量が少なくなれば人員コストは削減され、業務効率改善に大きな効果をもたらします。
ERPは企業内のデータを一括管理できるので、これまでセクション単位で処理されていた事務作業や、売上管理などの各種業務の一括処理が可能になります。ある商品が売れたときには販売、売上、在庫と最低でも3つのデータを変更する必要があります。従来型の事務処理システムでは3つのデータをそれぞれ個別に管理する必要がありましたが、ERPを基幹システムにすることで、1回の処理で3つのデータすべてを管理することが可能になります。部署間をまたぐデータ処理もシステムが一元化されているので、1回の処理だけですべての管理が終了し、これまで事務処理に必要とされてきた業務が大幅に省力化されます。
業務の省力化は人的コストの削減効果をもたらしますが、メリットはそれだけではありません。全てのデータは一括処理されるので、事務処理の途中で発生するミスはゼロになります。入力ミスなどと単純ミスだけでなく、事務処理のタイムラグもなくなるので、より詳細なデータ管理を通じた業務効率改善効果が期待できます。

UPDATE CONTENTS

RECENT POSTS

2019年08月20日
ERPによって実現する経営のリアルタイム化を更新しました。
2019年08月20日
ERPによる情報管理で各セクションをコントロールするを更新しました。
2019年08月20日
ERPによって実現する企業フローの一元管理を更新しました。
2019年08月20日
ERPによってもたらされる業務の省力化を更新しました。